名台詞を通してはじめる読書もある。ライトノベルを中心に、作品の長所を追いかけて紹介していくサイトです。
 

鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト

タイトル:鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト(小説:富士見ファンタジア文庫)
作者  :あまぎしゅうすけ:雨木シュウスケ
絵師  :みゆう:深遊
デザイン:?
編集  :?

ついに、ついにレイフォンも覚悟完了か!?

足かけ実に16巻。主人公でありながらちっとも立ち位置が定まらない、戦う理由は他人に依存しっぱなしで自分にはないというおそらく他に類を見ないキャラであったレイフォンですが、ここに来てとうとう自覚的に戦う覚悟を決めた……ようです。

帯にある「僕は……知りたいです――真実を」という煽り文句がこの巻のまとめといっても過言ではありません。

ニーナとかリーリンとか、とにかく戦う理由が他人任せだったレイフォン。
ここへ来て、決定的な挫折を味わうに至りようやく蚊帳の外であることを認めた上でそれでも積極的に事態に関わる覚悟が出てきたようです。
いやー長かった……がんばってどうにかこうにかついてきた甲斐があったというものです。
ただ、ストーリーは完全にレジェンド・オブ・レギオスと統合されつつあり、もうあっちを読んでないと確実に苦しいですね。本編をここまで読んできた方でそっちは未読の人がいたら、流し読みでもいいんで一度は目を通しておくことをおすすめします。

あー、それにしてもレイフォンが覚悟を決めたのはいいけど最近ニーナ隊長がすっかり行き詰まってるんですよね。私は一貫してニーナ派のため非常にもどかしい! がんばれ隊長! ついでに奇跡のニーナルートを信じているぞ!


シリーズ一覧

鋼殻のレギオス
鋼殻のレギオス(2) サイレント・トーク
鋼殻のレギオス(3) センチメンタル・ヴォイス
鋼殻のレギオス IV コンフィデンシャル・コール
エモーショナル・ハウル―鋼殻のレギオス5
鋼殻のレギオス6 レッド・ノクターン
リグザリオ洗礼 レジェンドオブレギオス
鋼殻のレギオス 7 ホワイト・オペラ
鋼殻のレギオス 1
ミキシングノート 鋼殻のレギオス8
鋼殻のレギオスVIIII ブルー・マズルカ
鋼殻のレギオスX コンプレックス・デイズ
レギオス顕現 レジェンド・オブ・レギオスIII
鋼殻のレギオス11 インパクト・ガールズ
鋼殻のレギオス12 ブラック・アラベスク
オール・オブ・レギオスI 鋼殻のレギオスワールドガイド
鋼殻のレギオス2 (角川コミックス ドラゴンJr. 122-2)
鋼殻のレギオス13 グレー・コンチェルト
オール・オブ・レギオスII 鋼殻のレギオス ワールドガイド
鋼殻のレギオス14 スカーレット・オラトリオ
鋼殻のレギオス15 ネクスト・ブルーム
レジェンド・オブ・レギオスIII レギオス顕現
鋼殻のレギオス17 サマー・ナイト・レイヴ
鋼殻のレギオス18 クライング・オータム
鋼殻のレギオス20 デザイア・リポート

作品一覧


トラックバック

http://maijar.jp/?q=trackback/5006