名台詞を通してはじめる読書もある。ライトノベルを中心に、作品の長所を追いかけて紹介していくサイトです。
 

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと真夜中のカルテット

タイトル:神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと真夜中のカルテット(小説:GA文庫)
作者  :あざのこうへい:あざの耕平
絵師  :カズアキ
デザイン:?
編集  :?

腕は確かだけどあくまで大衆向けの音楽を追究する、外面はいいけどその正体はやたら偉そうな自己中音楽家ダン・サリエルと、その周りの精霊と人々を描く物語。

このシリーズは、ポリフォニカの他のシリーズと違い、世界の危機などの大スケールではなく、あくまでサリエルの周囲のできごとを楽しく描くところが持ち味だったんですが、今回そんなサリエルがスランプに陥って自分の音楽性などに悩むという希有な姿を見ることが出来ます。作品的にも一皮むけましたね!

例によって自信満々のサリエル……ではありません。
深刻なスランプです。しかもいろいろやればやるほど泥沼。基本コミカルに描かれてはいるんですが、アーティストとファンとの関わりとかなにげに深い部分もあったりしてなかなか侮れず。
なにより自信のないサリエルなんてもう二度と見れないかもしれませんからね!

それと、アマディアをとられまいと奔走するサリエルというこれまたレアな姿を見ることが出来ます。ああ、もうニヤニヤが止まりません。
個人的には、ポリ赤であんだけクールに決めているユフィンリーのキャラがこのシリーズでだけ半ば崩壊しているのが楽しくてしょうがないです。ユフィンリー可愛いよユフィンリー。


シリーズ一覧

神曲奏界ポリフォニカ 1&2話 BOXエディション
神曲奏界ポリフォニカ ロマンティック・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ スパーティング・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカ ストラグル・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカ インフィニティ・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ プレイヤー・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる
神曲奏界ポリフォニカ えきさいと・ぶるう
神曲奏界ポリフォニカ トライアングル・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ ミッシング・ホワイト 神曲奏界ポリフォニカ ホワイト シリーズ3
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾン シリーズ4巻 限定BOXセット【特典・オリジナルストラップ付き】
神曲奏界ポリフォニカ 特典 特製ブックレット付き
神曲奏界ポリフォニカ ビギニング・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカ 3&4話完結編 初回特典版
神曲奏界ポリフォニカ ふゅーじてぃぶ・ぶるう
神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK ~EPISODE 1&2 BOX EDITION~
神曲奏界ポリフォニカ レゾリューション・ブラック 神曲奏界ポリフォニカ ブラック シリーズ5
神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと 神曲奏界ポリフォニカ シリーズ短編集
神曲奏界ポリフォニカ アニバーサリー・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ ペイシェント・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター
神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2
神曲奏界ポリフォニカ メモワーズ・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター 2
神曲奏界ポリフォニカ リライアンス・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカRPG リプレイ 時を越えた子守歌
神曲奏界ポリフォニカ エンシェント・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ エイディング・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎
神曲奏界ポリフォニカ アイソレーション・ブラック 神曲奏界ポリフォニカ
神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター 3
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 1
神曲奏界ポリフォニカ スパイラル・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ リベレーション・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 2
神曲奏界ポリフォニカ マージナル・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 3
神曲奏界ポリフォニカ チェイシング・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルとイドラの魔術師
神曲奏界ポリフォニカ メモリーズ・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 4
神曲奏界ポリフォニカ ピュアリー・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ リユニオン・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ ウィズアウト・ホワイト

作品一覧


トラックバック

http://maijar.jp/?q=trackback/4738
from お亀納豆のライトノベルまっしぐら on 日曜, 2010/07/18 - 12:39

著:あざの 耕平 イラスト:カズアキ 「……なあ?」 「は、はい?」 「……オレはまさか……ひょっとして……もしかすると……」 「……傲慢だったのだろうか?」 「…………」 「...